ブルドーザー天使あっちゃんの地球留学日記

感受性強すぎて、しんどいながらも地球になじもうと頑張ってる宇宙ちゃんの心の内

怒りまくって、できるようになったこと

f:id:lost-angels-diary-on-earth:20180111182749j:image

 

先日、メンヘラな女神が降臨し、こんなメンヘラ記事を書いたのですが・・・

lost-angels-diary-on-earth.hatenablog.com

 

それ以来、自分が変化していることに気が付いたので共有します。

それは、怒りの感情を感じて、表現することができるようになったということです。

 

先週、上司に呼び出され、何かと思ったら、私が希望している仕事が用意できないので、しばらく別のチームに出稼ぎに行ってほしいという打診だった。

 

社内の事情を説明され、なぜ他にもチーム員はいるのに、私が出稼ぎ要因にならなければならないのかを説明される。

 

その中で、ちょっと気に入らなかったのが、上司が前職の会社から連れてきた10歳年下の女の子の扱いだ。

彼女はもともとアシスタント希望で、うちの会社に来たのだが、紆余曲折あって、うちのチームに居る。

彼女は別にこのチームでやりたいことがあって、うちのチームに居るわけじゃない。

彼女を抱えることで、チームの予算が増えてしまい、私が出稼ぎに出なければならないのは、彼女の予算分も稼がなければならないことも一因だ。

そもそも、上司が彼女ばかりを優遇するのも気に食わない!www

 

以前の私だったら、多少納得がいかなくても、「仕方ないです。みんなの役に立てるなら出稼ぎに行ってきますから、気にしないでください!」といい人全開で回答しただろう。

 

なのに、今回は違った。

 

「え?なんで私なんですか?

元々○○さんは、予算を増やしたくないから別のチームに行ってもらう予定でしたよね?

彼女がいけばいいじゃないですか?

彼女がどういう思いでこのチームに居るか知らないですけど、なにかやりたいことがあってこのチームに居るわけじゃないですよね!(-_-メ)」

 

言ってしまってから、自分でびっくりした。

こんな風にネガティブな意見や気持ちをだれかに直接ぶつけるのは初めてだ。

 

結局、あーだーこーだと彼女では無理な事情を説明されて、丸め込まれるのだが、そこでも私はしつこかった。

 

もう一名、役職だけ立派だが何もできないおじさんがうちのチームに押し付けられているのだが、そのおじさんの名前を挙げて「じゃあ、○○さんが、出稼ぎに行けばいいじゃないですか?そもそも、私の仕事を取ってくるのは彼のミッションですよね!ランク上だから、たくさんお給料もらってるわけだし」と、もともと無理なのが分かっていて、ゴネる。

 

自分だって、ゴネたって仕方ないのは分かってる。

でも、なんかちょっとすっきりしたんだよね。

 

結局、丸め込まれて、来月から別部署に一番やりたいのではない仕事をしに行くことが決まったが、その決定が気に入らないと思っていることを伝えられてよかったと思っている。

 

ただ、めんどくさい人になっただけかもしれないけど。

以前は、その場でいい顔して、あとで「なんであの若い女ばっかり優遇されるわけ?」とか、イライラしてたと思うんだよね。

 

でも、文句を言ったから、事情も分かったし、今は「まーしかたねーか」と、思っている。

 

が、、、もうすぐ39で、きちんとしたキャリアのない私。

本当は、一番やりたい「コンテンツ企画」の分野でバンバン経験を積みたくて仕方ない。し、それが一番の自立への近道なのに・・・

 

私、絶対仕事できるはずなのに、いつもいつも仕事運が悪くて、中途半端にいろんなことをかじってるばかり。

 

なんでなんだろう?

自分が中途半端だから?

あー、ムカつく。

 

蝶々さんは、目の前の仕事をコツコツが一番近道だっていうけど、社会人デビュー以来20ねん弱それやってきて、これといった専門分野のない私はどーなるわけ!?

あーあ、ばっかみたい。

 

上司は「必ず、あっちゃんがやりたい仕事取ってくるから!」って約束してくれたけど、ほんとかね?

 

「これ、約束守らなかったら怖いっすよ(-_-メ)」って、五寸釘さしといたけど。これも、変化。以前の私は、人に嫌な感情をぶつけて、脅すような言葉を言うことはなかった。まあ、これはこの人を信頼していて、人間として好きだからかもしれないけど・・・

 

ここは、優しいおじさんを信じて待ちながら、もう一個の仕事(決して嫌いではない)を頑張りましょうかね?

 

 

固定種のゴボウ&カブでつくった味噌汁飲んで、

サボり気味なスクワットでもやって、頑張ります!

 

今日も遊びに来てくれてありがとう(*´▽`*)

またね!