ブルドーザー天使あっちゃんの地球留学日記

感受性強すぎて、しんどいながらも地球になじもうと頑張ってる宇宙ちゃんの心の内

スマホチャットでつながれたつもりが、むしろ断絶されていた・・・からの「既読スルーされた数だけ幸せになれる」広中祐介

f:id:lost-angels-diary-on-earth:20170525233213j:image

こんにちは。

今日はあまり気が進まなかったんだけど、会社の女の子たちでランチ。

せっかく、汐留の43階(電通の目の前)にある素敵な景色の素敵なレストランなんだけど、このメンツだと某お局様の悪口&噂大会・・・

みんな、素敵な女の子なのに・・・なんでなんだろう?( ノД`)シクシク…

 

テキトーに相槌を打ちながら、何とかやり過ごしたわ。

昔は、まともに受けちゃって、味はわかんないし、食べられなくて残しちゃうし、あとで必ず逆流食道炎になって、カラゲロ止まんなくて、本当に大変だったんだけど、今は全部たいらげて、気持ち悪くもならなかった。私も成長したわ。

 

で、さんざん悪口を言いまくった後「まだ足りない!今度は飲みに行こう!」ってお誘いが来て、「娘の世話があるので夜は無理なんです!!!」ってソッコー断ったわ・・・(><)

 

そんな、ブスになりそうな飲み会に行くくらいなら、別のことにお金と時間を使いたいわ!

 

※女子の同僚同士のランチの危険性については、蝶々さんが「アタラシイ女子の光」付属CDの中で語っていて、私が逆流性食道炎の原因に気が付くヒントとなったよ!

 

 

 

でもやっぱ、デスクに戻ってからモヤモヤ気持ち悪くて・・・

会社近所の伊雑宮系の神社へ参拝&デスクに飾っているお花にかなり癒された。

 

デスクにはいつもお花を飾っているんだけど、オフィスワークの必須アイテムです。

多少お金はかかるけど、必要経費だし、本当に救われます。

もし、東京会社勤めがしんどい蝶シスさんがいたら、試してみてほしいです。

 

さて、前回の記事で、Yが姫にお下がりをくれたって話を描いたんだけど、袋をあけて丁寧に折りたたまれた子供の服を整理していたら、「週末にYは私のことを思い出して、準備してくれたんだな」ってなんかうれしかったんだよね。

 

付き合っていた時はカップル用のチャットアプリを使ってた。

でも、付き合いだしてしばらくして、Yから頻繁にチャットが来なくなってからは、いつもいつもそのアプリが気になって気になって、本当に苦しかった。

 

つながってるはずなのに、つながっていない。

 

なんで返信来ないの?

なんで読んでくれないの?

 

つながっているはずなのに、かえって寂しかった。

Yからのチャットが来ていることを示す通知が表示されていないことを見るのが嫌で、スマホを見るのが怖かった。(触らなくなるからいいんだけど!)

 

別れた後、そのチャットアプリをアンインストールして、すごくほっとした。

もう、チャットに振り回されなくて済むって・・・

 

なんだったんだろう?

私はYじゃなくてチャットばかり見ていたんだなって気が付いて、自分が情けなかったよ。いつのまにかチャットに振り回されてた。。。彼氏ができるといつもそうだ・・・その昔はケータイのメールね。

 

そんなこんなで、今週の月曜日は帰りに本屋で見かけたこの本を衝動買いしてしまったよ。

 

 

アラフォー、既婚、子持ちのおばさんが読む本じゃねーだろ!

って自分に突っ込みいれまくりだったし、本屋のレジにもっていくのも恥ずかしかったけど、読んでよかった。

 

Yとの恋愛がダメになった理由、自分の改善すべき点(←何に向けて??爆笑)もわかったし、本当はたくさん愛されていたのに気が付いていなかったこととか、いろんなことが分かってなんか救われた。

 

あー、ANNAさんも「恋愛指南書はたくさん読め!」って言ってるけど、本当にそう思う。10代のうちに読んでおきたかった・・・

 

が、すべては完璧なタイミングで起きていて、私にとっては今が一番いいタイミングなんだろう。。。(←ほんとかよ?)

 

こんなこと(恋愛テクニックやら男性心理やら)を学んで、今後、役に立つ日が来るのだろうか?本当はプロジェクトマネージャーとかマーケティング戦略とかロジカルシンキングの勉強をしなければならないのに。。。

 

なんで、今こんなことを勉強させられているんだ自分は????

 

まったくときめかないダンナと、今後どうするんだ?

別れたのに元W不倫相手が大好きな気持ちがなくならない。

おそらく、心の穴を埋めたくて、Yのことを大好きだと思っていることが、分かっていてもやっぱり、会えると嬉しくなってしまう。

 

今できることは、毎日、目の前のことを淡々とやりつつ、自分やダンナと向き合うことくらいしかない。

 

ただ、何かが少しずつ前進しているようには感じている。

 

「あー、幸せだなあ」とか「愛されているんだなあ」としみじみ思える瞬間が増えてきているのだ。

 

小学校で受験の塾に行かされるようになったくらい=逆流性食道炎&カラゲロに悩まされるようになった時期くらいから、日常の生活の中で、そんな風に感じたことはほとんどなかったんだよね。

 

さ、お風呂入って、姫のワンピの続きをやるぞ!

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

皆様、素敵な週末を!