ブルドーザー天使あっちゃんの地球留学日記

感受性強すぎて、しんどいながらも地球になじもうと頑張ってる宇宙ちゃんの心の内

さみしさの心の穴から湧いてくる魅力とは?

こんばんわ。

今日はYが娘におさがりをくれた。

元不倫相手の娘のおさがりを自分の娘に着せるって、私達、趣味が悪いかしら?苦笑。。。

 

と、なんか気持ちの悪い出だしでスミマセン。。。

 

そーゆーの、いちいち気にして自己卑下するのもなんか変な気がする。。。

やめよ。

 

さて、菜奈さんにご紹介いただいたこちらの本

 

を読んだら、自分がとても寂しいと思っていたことに気が付いて、絶望した。

 

でも、「そうか!?自分はそんなに寂しいのか!?」

と、ある意味驚いたし、新鮮だった。

 

で、せっかくだから

さみしい!

さみしい!

さみしすぎるー!!!

と、涙を流しながら、さみしさをひたすら味わいまくってみた。

 

2日もやったら、気が済んだ。笑

 

もう、このさみしさから逃れることはできないのだ。

と、悟ったし、私はさみしいのだ!ということを肯定したら、

なんか、いろんなことが楽になった。

Yへの執着がかなり消えた。

(まだまだ執着してるんだけど・・・)

 

なんだ!?たったこれだけのことで???

一体、何なんだろう?

 

で、さみしさを味わいまくった後、二村さんが言っていた「心の穴からは魅力も生まれる」ということについて考えていた。

 

人一倍さみしいから、みんなにちょっかいを出して、みんなに好かれているのかもしれない。(どの組織に行っても、あなたがいると場が明るくなる!と言われ、気がつけばどの部署の人とも友達になっているのは、私の強みなんだと思う)

 

姫がさみしくならないように、気を配れるのも、さみしいからかもしれない。

最近インターフォンで部屋番号を呼び出すことを覚えた姫だが、なぞなぞを出して正解したら、ドアの施錠を解除するという遊びをやっている。そのなぞなぞは「ママの一番のたからものなーんだ?」「○○ちゃん!」だ。

 

そう思ったら、もう仕方ない。

このさみしさと死ぬまで付き合ってやろうじゃないか。と腹が座った。

前は嫌だった「さみしいこと」に誇りを感じられるようになった。

 

そんな折、昨日のキラキラプリキュアアラモード(日曜の朝放映)は、私が一番お気に入りのキャラ「琴爪ゆかりちゃん=キュアマカロン」がメインのストーリーだった。

 

何でもそつなくこなすゆかりちゃんだが、いつもどこか冷めていてさみしそう。

彼女のさみしさややるせなさに付け込んだ悪者が闇の世界へ彼女を誘うんだけど、

プライドの高い彼女が気品たっぷりに言い放ったのは

 

さみしさも憤りもすべて、私が私の責任で選んだ事。

私は私のさみしさも憤りも抱えて生きていく!

 

(的な・・・正しいセリフはめもっときゃ良かったね(;^ω^)汗)

 

だった。

 

あー、タイムリーだねー。

神様のメッセージだなって思った。

 

プリキュア、意外と深いんだよね。ww

 

私も、さみしさを抱えて生きていくよ。

それは、ネガティヴなだけじゃない。ちゃんと光に変えていける。Yとのことがなければ、気がつけなかった。

 

何もかも、すべての采配は完全だね。