ブルドーザー天使あっちゃんの地球留学日記

感受性強すぎて、しんどいながらも地球になじもうと頑張ってる宇宙ちゃんの心の内

今日の定例ミーティングw/tダンナ

こんばんは。

f:id:lost-angels-diary-on-earth:20170514235005j:image

 

こんな時間にスマホやってちゃダメなんだけど、ネイル乾かしてる間暇だし、忘れないうちに書いとこーと思って、、、

 

さっきもダンナと定例ミーティングやってた。

 

で、前回の議事録は、この前の記事に書いたんだけど、

 

ダンナからの視点で、我々のセックスライフが語られたよ。

 

ダンナ:前回、俺があっちゃんとセックスしたくないと思っていると思われていたと言う話だったんだけど、今週なんでかを考えていた。

 

生々しい話で申し訳ないんだけど、最初から元気が無くなっちゃって、その時点で、凹みまくってて、でもあっちゃんが元気のないのを触ってくれるのが、俺が元気がないせいで、こんなことをあっちゃんにさせているのが余計に情けなくて、どうしようもない気持ちだったんだ。でも、それは自分しか見えてなくて、相手のことは何も考えてなかったね。

 

私:そっか。まぁ男性はそういう時はとても凹むらしいよね。そうだったんだ、教えてくれてありがとう。

 

でもさ、元気がないのは勝手だけど、それを治すために何かをしてるように見えないことにも私は腹を立ててたよ。毎晩朝の4時まで、パソコンでゲームしてたら立つもんも立たなくなるに決まってるよね。爆笑

 

ダンナ:それを言われたら、返す言葉がないと思ってた…

 

でも、先週あっちゃんが話してくれて、だから、なんで自分がああいう行動を取ったのか、考えて、言葉にすることが出来て楽になった。

 

年明けから話して来て、ようやくここまで話せるようになったね。

 

私:そうね…しんどいし、テンション下がる話をして、何の意味があるのかかなり悩んだわ、、、だから、多くの人が仕事とか、子供に逃げるんだろうね。

 

___

 

いやー、ここまで、話せるようになってさ、お互い頑張って来たし、真面目に夫婦をやって来たと思う。

 

ダンナもよく付いて来た(?)とは、思う。

 

けど、もー二度とこいつに抱かれたいとは思わない。死ぬまで一緒にいるなんてうんざり(>人<;)

 

私は自分を好きな人を見下しているのか?それとも、本当にダンナは要らないのか?

 

今日も、会社のメールやチャットにYの存在を探して、仕事の用事でもいいから彼にメッセージを送ろうとしてしまった。途中で辞めたけど、、、

 

Yと向かい合っていきたかった。

 

なんだけどさ、元々Yはお腹が弱く、しょっちゅう体調を崩しているのだが、見かねて、先週の金曜日に柳田酵母のサンプルをあげたら、その日にマック食ってやがった⁉︎(*_*)この、どあほう!一生、体調崩してろ!!

 

毎年、予防接種して、インフルエンザにかかってる。

 

毎日のようにロキソニン飲んで、炎症やら腰痛やらをごまかして、仕事で成果を出そうと必死だ。

 

言っても分からないから、何も出来ず、見ているしか出来ないのが悲しい。

 

きっと正式に付き合っても、彼は仕事や子供に逃げるだろう。前の奥さんが、彼を捨てた理由が分かる気がする。

 

仕事が忙しくて、新婚旅行も行かなかったらしい。

 

Yは真面目で高学歴なお父さんから、高学歴であることが正しいと押し付けられて、それに応えられなかった幼少期を送ったらしい。彼は健気で一生懸命で、繊細で、いい男だ。小さな男の子が必死で、一生懸命、自分が有能であることを証明し続けようとしているのが、見えて心が苦しくなる。

 

でも、私には何も出来ない。

 

明日からまた会社…

新しい1週間。

何かは進んでる。

頑張ろう!