読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルドーザー天使あっちゃんの地球留学日記

感受性強すぎて、しんどいながらも地球になじもうと頑張ってる宇宙ちゃんの心の内

冷めきったダンナとの定例ミーティング

こんばんわ~。

眠くて死にそうですが、吐き出して整理しておいたほうがよく寝れそうなので、

書きます。

 f:id:lost-angels-diary-on-earth:20170514130240j:image

ブログ書きたいのに、ダンナがパソコンいじってる部屋に置いてあるマイパソコンを取りに行くかどうかで1時間くらいうだうだ悩んだわ・・・その間、お風呂に入ったり、食器を片付けたりはしてるんだけど・・・

 

無駄なエネルギーだよね~。

 

さて、菜奈さんに紹介されたこちらの本

の気づきがすごすぎて、だいぶ記憶が飛んでしまったんだけど、、、先週の日曜日の夜もダンナと話し合った。

 

私からはこんな話をした。

 

「これは言うか言わないか相当迷ったんだけど、ふたつある。一つはいろいろ考えてきて、私が、あなたに失礼だったんじゃないかと気が付いたことがある。もう一つは、何度も話してきたことをまた話してるだけの感じもするんだけど、過去を振り返ってみて、私がしてきたことと、それを君がどう踏みにじったと感じているかを話したい。

 

一つ目は、これはとても申し訳ないというか、失礼な話だと思うんだけど、私はあなたのことが、ときめく対象だったわけじゃない。最初から付き合っちゃいけなかったのかもしれない。でも、結婚してときめいている人はいないし、オトコとして好きじゃなくても、人間として馬が合うから、そこは努力次第で少しずつ好きになれるんじゃないかと思っていた。でも10年経って、やっぱり変わらなかった。

 

二つ目はその10年間の努力についてなんだけど、結婚して割とすぐのころ、私はあなたの枕のところに「スローセックス入門」の本を置いておいたことがある。

 

あなたは、「きゃー」と言っただけで、スルーした。

 

それから、しばらくして、完全にセックスレスになって、姫が2歳くらいになったころ、『セックスレスなのは嫌だ』と言葉で伝えたことがある。そんなことを言葉で伝えなくちゃいけないのはすごく嫌だった。恥ずかしいし。でも、あなたは何もしなかった。

 

去年、私はあなたにセックスレスが嫌だという趣旨の手紙を書いて渡した。そうしたら、その日にやろうかってなったけど、その次の週もセックスしようとしてみて、うまくいかなくて、それからずっとほったらかしにしたよね。

※これは私がW不倫に踏みこむ決定的な要因となった。要らないなら、要るって言ってくれるオトコに抱かれて何が悪い?って今も思う。だから、私はYと寝たことについて、まったく罪悪感がない。

 

いつも私が一人相撲している。

 

でも、最初からときめいていない、無理に好きになろうとするなんて、間違ってたんだろうね」

 

ダンナが言った。

「そうか。。。前も言ったけど、相手の嫌がることをしちゃいけないとか、俺自身も悩んでいたんだけど、どうしていいか、分からなくて何もできないまま10年経ってしまった。あっちゃんの人生を10年無駄にしたなら申し訳ない」

 

「無駄なんかじゃないよ。それ以外は楽しかったし、姫も生まれて来てくれた。無駄なだなんて思っていない」

 

「あっちゃんは、俺が興味を持っていないと感じたかもしれないけど、俺はセックスしたくなかったわけじゃない。本当にどうしていいかわからなかった。きっかけがつかめないというか、考えすぎていたというか・・・」

 

「そうなんだ、私はあなたは私とセックスしたくないんだって思ってたよ。手紙書いた日にセックスしようとしたけど、仕方なくやってる感じがしてすごく嫌だった」

 

「そう思われてたんだね。でも、そうじゃないよ」

 

「私からさ、『毎日、おやすみのチューとぎゅーくらいしようよ』って、提案してさ、毎晩、私からぎゅーしに行ってさ、あなたはPCの前で待ってるだけ、興味なさそうにキスされるだけ。私から布団にもぐって、抱きしめ返してもらったこともない。これだけ、こっちがやってあげて、『どうしていいかわからない』『きっかけが分からない』ってすごいね。ずいぶんだね。虚しかったなあ・・・」

 

それ以上、二人とも話すことが見つからなかった。

 

上の「恋とセックスで幸せになる秘密」に「弱虫オトコ」が出てくる。

自分からは何もせず、ただ誰かが愛してくれるのを待つらしい。

 

ウチのダンナってコレ?

あー、きもい。

 

私が、彼をだめんずにしたのかもね… 

 

私だって、離婚なんかしたくないよ。

めんどくさいし、別れたくないとか言われると、罪悪感が半端ないし。。。

 

でも、自分(というか蝶シス全般?)って、必要以上に人が良すぎる気がするんだよね・・・

 

なんでも自分のせいにしたり、

あり得ない安い給料の会社で2年も働いちゃって、自分が搾取されていたことに長らく気が付かなかったり、

やり逃げした男を1年近く「待ってるから」とか言って、追いかけまわし、セフレにされてたり・・・(↑ちなみにこいつが私が初めて寝た男。当時J.P.Morganで働いてたよ。まあ、私も彼じゃなくて彼の会社が好きだったんだと思うけど・・・)

 

自分を好きだと言ってくるオトコを振るのも、罪悪感が半端ない。

なんとかこいつを好きになれないものか?と考えてしまう。

 

でも、私は何らかの形で「嫌なものは嫌だ」とはっきり線が引ける強さを身に着けることを学ばなくてはならないのだと思う。それが、私たちの関係を終わらせることを通してなのか?

 

今は分かっていない。分かりたくない。

時間だけがどんどんどんどん過ぎていく。

 

今度、書きますが、↑で紹介した本、マジやばかったです(←ギャルか!?ww)

本当に、ぐさぐさぐさぐさいろんなことを言い当てられ、「セックスってなんなの?」「恋愛って何なの?」という、漠とした疑問に、明確な回答をもらった。

悩んでいる人には本当にお勧めですが、同じ内容でタイトル変更&文庫化された本がこちらです。

 

「恋とセックスで幸せになる秘密」と「なぜあなたは愛してくれない人を好きになるのか」だったら、後者のほうが、だれかに見られた時のダメージ少なくないですか?

 

私は一人暮らしじゃないので、ダンナに見せるつもりがない本を見られてしまうことも多々あり、カバーはつけているものの、ウッカリあちこちに置きっぱなしにするので、危険です(><)