ブルドーザー天使あっちゃんの地球留学日記

感受性強すぎて、しんどいながらも地球になじもうと頑張ってる宇宙ちゃんの心の内

蝶々さん女神クラブ 宇宙女子大1月講座

こんばんわ。

あっという間に金曜日の夜ですね。

今日はYと久しぶりにコーヒー飲みながら、話ができた。

仕事の話だけだけどさ・・・

 

嬉しかったし、楽しかったんだけど、

ふと、「結局、自分、Yにバカにされてんのかな?」と・・・

こいつなら、テキトーにやって、別れても文句言ってこないだろうとか???

 

帰り際に

「最近、どうですか?体調とか大丈夫?」

って聞かれて、

「私?傷んでますけど?」

って答えたら、

「・・・すみません」

だってさ。

 

心配してくれるのは嬉しいけど、ムカつく。

謝られるのもムカつく。

 

まあ、いいや。

もう終わったことだし、人の頭の中なんて、何もわかんない。特にオトコは・・・

「どーせ、愛されてる」ってことにして、ほうっておこう。

 

゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*

 

さて、私は蝶々さんの女神クラブの会員なんだけどさ、1月の宇宙女子大講座が、自分にどんぴしゃすぎて、ずっとその内容について考えてた。

 

自分が一番気になった内容を要約すると

 

・宇宙の流れが変わって自分にうそをつきながら生きていくのが難しい時代になった。

・この時代を自由に楽しく生きていくには、自分のMINDのリセットが必要。

・自分のMINDをリセットして本当に変わりたいと思っている女の子たちで、メンター的存在の男の人と久々or初めてセックスすることになる例が続出。

・すべての経験は無駄ではないし、正誤もないが、その経験を呼び込んだ自分のMINDについてよく考えろ。メンター的存在で女の子に手を付ける男は魂のレベル低い。それは遊女のころからあったオンナが消費されていく仕組みに限りなく近い。ただし、それにはまる蝶シスさんて、そのくらいの荒療治がないと、オンナの風穴開かないかも?

・メンター男とセックスすることになった蝶シスさんは、繊細で傷つきやすく、しばらく自分だけの世界や亜空間に居て、等身大の自分、その年齢なりのオンナとしてのリアルがどこから初めていいのかわからなくなっている。

・「彼と私は向き合ってたの♡」みたいな乙女チックボケをかましている場合ではない。それを呼び込んだ自分のMINDとよく向き合って、次の糧にすれば、自分が本当に望んでいて、自分に合った恋愛やセックスに近づけるはず。

 

ということだった。

 

去年の夏から半年間W不倫していたYは、まさにメンター的存在のオトコだったのである。傷ついて、亜空間に閉じこもり、そこから出ようとしたタイミングで助けてくれたのがYだった。しかも、別れた後の彼の態度を見ていて、結局、私は消費されただけだったのかなあ・・・とも思う。彼なりに一生懸命、愛してくれたと思いたいが・・・

 

ただ、彼と出会って、オンナの風穴があくというのは、その通りで、彼に出会う前の私はオンナであることを、あきらめているというか、忘れていたというか・・・

 

姫を妊娠してから、ダンナとはずっとセックスレスだったし。

おしゃれをすることもなかった。

ハイヒールもスカートも何年も履いていなかった。

 

でも、Yと出会って、私をオンナとして扱ってくれるのが嬉しくて嬉しくて、私はどんどんきれいになっていった。周りの人達にも「すごいきれいになったね!」とよく驚かれる(^^;)前はどんだけひどかったんだ~。。。

 

Yに抱きしめられて、頭の中が真っ白になるようなキスをされて、セックスして、オンナとして好きなオトコから求められるのが、こんなに嬉しいことだったと、初めて知ったというか、思い出したというか・・・

 

オトコに愛されたいという本能を満たすのは、私にとって非常に重要であることを知った。

 

彼との恋愛沙汰がなければ、その欲求に気が付かなかったんだと思う。

つまり、私のMINDはYとの恋愛沙汰を経て、こうリセットされたのだと理解している。

 

恋愛前:もう、オンナの時期は終わった。お母さんとして子供を育て、セックスレスで、まったくときめかないダンナと性別を超えた友達として生きて、今後、誰からも求められることもなく、死ぬのが私の人生だ。

 

恋愛後:私はオンナだ。オンナとして、好きなオトコに愛されて、可愛がられて、死にたい!

 

これが、メンター男とのセックスを呼び込んだ、私のMINDってことなんだろか?

 

蝶々さん、合ってます?

リセットされた後のMINDが、「オトコに愛されたい!」でいいのか???

それとも、そのMINDこそが、リセットされなければならないMINDなのか?

 

゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*

 

ご存知のように、私は、結婚していて、5歳の姫もいる。

で、私はダンナが最初から生理的に好きじゃない。

セックスの相性も最低だった。

 

でも、結婚は本能でするものじゃない。

どうせセックスなんか飽きるんだ。

ときめかないくらいの男と結婚したほうが、期待がなくてうまくいく。

そんな風に思って結婚したんだった。

 

あの時の私が「うまくいく」って思っていた内容はなんだったんだろう?

なんで結婚したかったんだろう?

私は両親を見ていて、絶対結婚したくなかったはずだ。

子供も嫌いだったので、一生キャリアウーマンで一人で生きていくつもりだった。

けど、誰と恋をしても、その人の子供を産みたくなってしまう。でも、自分一人の収入と力量で子供を育てられる自信はなかった。オトコのオトコによるオトコのための資本主義バリバリの会社に行くだけで、精いっぱいだった。

 

付き合ってもすぐに振られることが続いて、弱っているときにダンナと出会った。

ダンナには全くときめいたことがない。

でも、人間としてこんなに馬の合う男はいないから、オトコとしても少しずつ好きになれるんじゃないか?セックスの相性だって、変えられるんじゃないか?

そう思っていた。

 

蝶々さんいわく、結婚は、神様にも申請済みの契約。

やりきるところまでやらないと、次にはいけないらしい。

 

思えば、ダンナをオトコとして少しずつ好きになる努力、セックスの相性を変える努力はさほどしていない。何もしなくてもそうできるんじゃないかと思っていた。

 

まっっったく、やる気がわかないが、やりきらなければならないのは、その努力なのだろうか?

 

でもさ、そもそも、オトコって努力して好きになるもんじゃないよね。セックスの相性はどうにもならないという話も聞く。

 

どうしたもんか…

 

゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*

 

明日は、氏神様に厄開けのお礼まいりに行ってくるよ。

神頼みってわけじゃないけど、自分が自分にうそをつかず、

進むべきを進めるように、見守ってもらえるよう、力を貸してもらえるよう、祈ってくる。

 

あー、幸せになりたい。

私だって、それなりに一生懸命生きてるのに。

人生は厳しいね。

最後まで読んでくれてありがとう。

素敵な週末を♪

おやすみなさい。