ブルドーザー天使あっちゃんの地球留学日記

感受性強すぎて、しんどいながらも地球になじもうと頑張ってる宇宙ちゃんの心の内

私、AC(アダルトチルドレン)じゃん!?

こんにちは。今週はもう、感情のアップダウンが超激しくて、心身ともにへっとへとだよ。ほっとんど病気しない姫が私の落ち込みやイラつき、疲れを全部吸い取って、インフルになった。

 

そんなの迷信?かもしれないけど、ママのアップダウンは確実に子供に影響する。

 

木曜の夜中、「あ、やばい。私熱出すかも、仕事休みたくない」って思ったんだけど、そのあとすっと熱が引いて、代わりに姫の熱が上がってた。

 

ちょうどダンナも体調悪くて(1月1日からストレスを与え続けてるし・・・汗)、娘を見ながら休むと言い出し、私は一人で会社に行きましたわ。

 

で、最近の私は、W不倫相手だったYとの恋愛を振り返る作業を進めていて、山ほど本を読んでいる。

 

その中でとても助けになったのが、この本。

 

 

この本で気が付いたのは、

 

私は好きな男に見捨てられるのが怖い。そして、それは幼少期、母親に十分に抱っこしてもらえなかった、全面的に自分を受け入れてもらえなかったという悲しみや寂しさが引き起こしている。

 

ということである。

 

これまでも何人か好きになって付き合った男はいるが、

彼らが少しでも距離を置きたそうなそぶり(付き合っていても当たり前の範囲で)を

見せたりすると、私はパニックになってしまう。

チャットの返信が来ないだけで、飽きられた?

と不安でいっぱいになる。

エッチした後は、相手との境界線がなくなってしまい、すべてをわかってほしい。すべてを受け入れてほしいとの思いでいっぱいになってしまう。

そして、必死でイイ女を演じようと痛い努力を始めるのだ。

人は魅力でしかしばれないから・・・

 

でも、子供がいて、共働きで、W不倫という状況で

チャットの返信をいつも気にして振り回されているのは

本当にしんどいし、そんな自分をYに知られたくなかった。

だから、別れようと思った。

 

オトコがいない時の私は、明るくて、仕事も家事も頑張っていて、

イキイキしているのに、オトコができるとダメになる。

 

私がACならYもたぶんACだ。

 

彼は絶対に休まない

どんなに体調が悪くても、めちゃくちゃなスケジュールを詰め込んで仕事ばかりする。

そんな彼は私と会う時間を作れない。

彼も両親から厳しく育てられ、ありのままを受け入れてもらった幼少期ではなかったようだ。

 

Yはところかまわず私を抱っこしたがる男だった。

そして、幼少期のあだ名で呼んでくれるのが私にはとてもうれしかった。

 

さて、この問題に気がついたあとは、解消していかなくちゃね。

解消のプロセスについては、また書くよ。

 

最後まで、よんでくれてありがとなの♪